力をためているとき

頭も身体も心もフル回転!!

こんにちは。武蔵小杉&二子玉川エンジェルリトミックです。

暖かかった12月とは違い、普通に寒い日が続きますね。

それに伴いインフルエンザもはやってきたようですし、ノロウィルスにかかってしまった生徒さんの家族もいらっしゃいます。

日頃から手洗いうがいの習慣、栄養をバランスよく取って睡眠も確保してかかる可能性を少しでも減らして過ごすしかありません。

気をつけていてもかかってしまう時はあります。かかってしまわれ方、お見舞い申し上げます。

KIMG0015この写真は、自宅車庫の端に生えていた雑草?(タンポポのようにも見えますがたぶん違うと思います)です。

中学受験で習ったロゼット葉でしたっけ、気温が低い頃にたくさんの日光を取り込むために葉っぱをうんと広げて栄養分を取り込む様子が見られます。

また、葉が全部落ちてしまい只の枯れた木も、目が出る部分がほんの少しふくらんでいるのを見かける時があります。

冬の間にも春になったら一気に成長できるようじっと我慢しているのですね。

ohisamaボランティアなおまさくんりんたろうくん子どもたちも同じです。

赤ちゃんの頃は成長するのが早いですし、身体的にどんどん大きくなっていくのが良くわかるので家族の方も手放しで喜ぶことも多かったと思います。

だから体重の伸びが他の赤ちゃんより少ないと、とても心配になりますよね。

ところが歩き始めて自分の意思でさまざまな行動ができるようになり、知的な部分の成長が気になってくると、

「○○ができない」と心配になってきます。

同じことばかりしていないで、もっとちがうこともしてすべてに成長してほしいと思ってしまいます。

でも実は気に行ったこと思う存分行うことで自分の行動に満足し、自己肯定感が養われますし、そのあとは飛躍的にさまざまなことができるようになることもあります。

お子さんの出来ないことにばかり気持ちがいくと、子育てが辛くなってしまうこともあるでしょう。

そんな時はちょっと見方を変えて、エネルギーをためていると思ってお子さんを見るのはどうでしょうか?

「成長」は毎日じっと見ていても気が付かない、後で考えてみると「大きくなったな」と感じることも多いです。

リトミックのレッスンも毎週ちょっとずつ出来るというよりは、ある時一気に出来るようになることが多いと思います。

その場その場で出来不出来を考えないで、一緒に楽しんでもらえるようなレッスンを行いたいなと思います。

← 「私たちって体操のせんせい?!」

「継続は力なり!!」 →

5月の予定変更

緊急事態宣言に伴い、レッスン中止の教室があります。

4月26日(月) 西小山教室
4月27日(火) 東奥沢地区会館(ピコエンジェルリトミック)
5月10日(月) 西小山教室
5月11日(火) 尾山台教室

ご希望の方にはzoomでのレッスンを行います。

© 2021 エンジェルリトミック